アクアクララのサーバーお手入れ方法!清潔を保とう!

アクアクララで利用できるサーバーには、除菌できる性能があったりと衛生的に有利な面がありますが、本体外部も清潔に保たなければなりません。長期間使っていると、ついつい忘れてしまいがちですが、小まめにお手入れしてあげましょう。

このページでは、アクアクララのウォーターサーバーのお手入れ方法について解説しています。

 

簡単なお手入れ方法

公式サイトにも記載がありますが、基本的には6つの場所をお手入れしていきます。

  • ウォーターガード
  • フォーセット
  • 水受け皿
  • 本体周り
  • 背面部分
  • コンセント部分

一度実践してみれば以降はとても簡単です。それぞれ順番に見ていきましょう。

ウォーターガード及び周辺

ここは、お水ボトルを差し込む部分です。この部分には常にお水がたまった状態のため、雑菌などが繁殖する原因となりやすい部分でもあります。

ウォーターボトルの交換時、清潔なふきんやキッチンペーパーなどでからぶきし、アルコール系衛生剤をスプレーして軽くふき取ります。このとき、中にある突起部分には素手で触れないようにしましょう。

 

フォーセット部分(蛇口)

お水の出口です。ここは、手が汚れている状態で触ってしまったり、コップに入れたお水がたまって先端に触れてしまったり、水跳ねしてフォーセットにつきっぱなしになるなど、気がつきにくいけど濡れてしまいやすい部分でもあります。

夜、寝る前などにでもきれいにふき取ってあげましょう。やり方は上記のウォーターガード部分と同じようにお手入れするのと、内側は清潔な綿棒などで掃除します。

 

水受け皿部分

フォーセットからたれたお水をキャッチしてくれる部分です。ここも1日1回程度、使用後にお手入れしてあげましょう。

 

本体周り

本体周りは1週間に1回程度きれいにふき取りましょう。できれば、目立つ汚れなどがあればその都度ふいていくといいでしょう。

サーバーはレンタルしているものなので、研磨剤などでガリガリやらずに柔らかい布などできれいに保ちましょう。

 

背面部分

ウォーターサーバー裏面です。長期間利用しているとここにホコリがたまります。ウォータサーバーは壁際など部屋の端っこに置くことが多いのであまり背面はみませんよね。

しかし長期間放置した後に見てみるとホコリが詰まっていることも・・・。そんな時は、掃除機などで吸い取ってあげましょう。その際は、コンセントを抜いて掃除機をかけ、その後また差し込む際には5分程度間隔をあけてから差し込みましょう。

 

電源プラグ

電源プラグもホコリがたまりやすいポイントです。直接水の品質にはあまり関係ありませんが、水を取り扱う機械なので発火などの原因になることも。

汚れが目立ってきたらその都度お手入れをして、安全に利用していきましょう。

 

普段から清潔に保っていればお手入れも楽チンです。

当然ですが、気になったときにその都度軽くお手入れしてあげるだけで、面倒な汚れになることもなく大きな掃除の必要性はなくなります。

もともと清潔なお水を飲む為のウォーターサーバーなので、サーバー本体もキレイに保って、より安全なお水を飲めるように心がけていきましょうね。

アクアクララの申し込みはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ