アクアクララがアマゾンでも注文できるように!

タブレット

アクアクララがアマゾンでも注文できるようになっていました。ということで、内容を見てみたのですが、特にアマゾンに水を委託しているわけではなくアクアクララとの契約をアマゾンを通してするといった感じのようです。

 

アクアクララ アマゾンでの契約内容は?

サインをする男性

商品説明の注意書きにも書かれていますが、「ご利用にあたり、アクアクララ会員にご入会いただきます。」とあるので、結局は通常通りの申し込みと同じような内容となりますね。

もしかしたら水だけ注文できて解約金とかもないの??とか思ったのですが、しっかりと解約金などのルールの記載もあったため、ほぼ通常の契約と同じ内容だと言えます。

 

追加購入

氷の入った水

追加購入については、Amazonにて「はじめてセット」を購入した方限定となっているので、現時点でアクアクララと契約している方にとってはあまり関係のない部分ですね。

配送や解約についての相談なども、販売店などへの連絡が必要になる為とくに大きなメリットはないと感じます。

 

どうしてアマゾンでも販売しはじめたの?

パソコンモニターの前で顔をしかめる女性

実は、Amazonも限定でウォーターサーバーを販売し始めました。それによって、アマゾンのサイト内で「ウォーターサーバー」の検索需要が増えてくるため各社それに便乗した形なのかもしれませんね。

確認してみると、アクアクララだけでなく「MCMのめぐみ」や、各社が取り扱っているウォーターボトルも販売しています。実はほとんどの天然水メーカーは、もともとある天然水に自社ブランドを付加して販売しているため、「ウォーターサーバーの名前は違うけど実は同じ水」ということがよくあります。

最近の例だと、キリンのウォーターサーバーのアクウィッシュは、フレシャスの水システムを利用しているとかですね。

 

定期配送に疲れたユーザーが多い

疲れている女性

この背景には、天然水のウォーターサーバーの宅配ノルマに疲れた利用者が、「どうせ同じ水があるなら自分のペースで飲みたい」と思い始めたことにあります。

ウォーターサーバーに使用されている天然水と同じレベルのお水は数多く販売されているため、サーバーを購入してしまって自由に飲むという家庭も徐々にですが増えているようです。

 

求められているのはオリジナル

カラフルなハート

そんな中でも売れているメーカーというのは、そのメーカー独自のお水やサービスを展開しているところです。アクアクララの場合は、「デザインウォーター」といわれているRO水がこれにあたりますね。アクアクララの水はアクアクララでしかつくられていないお水なので、需要があります。

サーバーの性能などにもこだわっている為、市販で購入できるウォーターサーバーとは違い明らかなオリジナル性を生み出しているのもポイントです。

 

アクアクララはアマゾンと公式サイトどちらがいいの?

アマゾンで購入しても結局は同じようにアクアクララとの契約となる為、公式サイトからのほうが手続き的にも楽に思えます。どうしてもアマゾンで決済したいといった場合はアマゾンでもいいのではないかと思います。

 

公式サイトの場合キャンペーンも

プレゼント

公式サイトの場合は、公式サイト限定のお得なキャンペーンなどを開催している時もあります。せっかくそういった特典があるのであれば、結局同じようにアクアクララと契約するのにアマゾンを間に挟まず、直接アクアクララから申し込んだほうがスムーズですよね。

アクアクララの申し込みはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ