アクアクララは毎月のノルマが無いから気軽に使えます

黒板と数字

アクアクララには宅配ノルマがありません(代理店によっては異なる場合もあるそうですが)。基本的に都度注文方式となっている為、お水が無くなる・またはなくなりそうになった時に注文するタイプです。

 

都度注文によるメリットやデメリットは?

クレイアートの人形達

メリット

お水が貯まりすぎることが無い為、気軽に続けることができます。メーカーによっては1セットあたりの量が1~2人暮らしでは消費しきることが難しいものもある為、都度注文できるのは楽ですね。

また、ストック用の備蓄水として置いておくこともできる為、災害時などライフラインが絶たれてしまったときの為にもいくつか常備しておくと安心ですね。

 

デメリット

ノルマがないのはいいのですが、自分で注文するのが面倒な方には不向きです。定期配送は決まった周期で水を届けてくれる為、ある程度ウォーターサーバーを使い慣れていて、水の消費量も把握できている場合には定期の方が使いやすい場合も。

 

他のノルマなしのウォーターサーバー

仲間

アクアクララの他には、アルピナウォーターも都度注文タイプのノルマなしとなっています。これらのタイプに共通することは、サーバーレンタル料金がかかります。注文しなければ使い放題ではないので注意しましょう。

アルピナウォーターは一度の最低注文本数が3本、アクアクララは2本となっています。どちらもうまくローテーションできるようになればとても使いやすいので、定期配送によるノルマにあまりいい印象をお持ちでない方は都度注文方式であるアクアクララやアルピナウォーターを利用しましょう。

 

他メーカーの宅配ノルマについて

saiho

基本的にほとんどのウォーターサーバーメーカーは最低2本(約24L)としています。例外として、フレシャスやアクウィッシュは袋タイプ約7.2Lを4パックを1セットとして販売しています。

お水の量に関してはその家庭によって消費量が変わってくる為ノルマをノルマと感じないこともありますが、一人暮らしの場合などは一度に大量に送られてくるタイプだと消費しきれない可能性があるので注意しましょう。

 

定期配送のストップについて

STOPとかかれた手

定期配送でノルマのあるメーカーでも、お水の宅配をストップすることができます。ただし、利用停止料(解約金とは異なる)や、定期ありきの送料無料・サーバーレンタル料金無料となっているため、サーバーの料金やその他手数料が発生する場合もあります。

定期配送を利用する場合はその水の量を消費できるかを考えながら利用しないと、あとあと無理やり消費しなければいけないことになるので、暮らしている人数や飲む量などと相談しながら選びましょう。

アクアクララの申し込みはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ