アクアクララのバナジウム水はミネラルたっぷり!

アクアクララのバナジウムボトル画像

アクアクララはRO水の大手メーカーという印象が強いですが、実はバナジウム水も取り扱っています。この記事では、アクアクララのバナジウム水の詳細に迫っていきたいと思います。

 

そもそも、バナジウムって何なの?

玄武岩に多く含まれている金属の一種であるバナジウム。特に富士山麓の地下水に多く含まれているとして、天然水メーカーは「富士」を売りにすることが多くなっている傾向があります。

 

その中でも特にバナジウムの含有量が多いとされる水脈こそが、アクアクララのあさぎり高原ハイパーバナジウム270の原水です。

 

バナジウムについては解明されていない部分もまだ多いですが、wikiによるとある程度効果が確認されているものもあるそうです。

 

健康面で注目が集まる

血糖値を下げるインスリンに似た働きをすると考えられており、糖尿病の治療に使えるのでは?と注目されています。糖尿病の方が、よくバナジウム入りの水を飲むのはこういった効果を期待してのことなんですね。

 

そのほか、健康食品でもバナジウムに注目が集まり、近年は特にウォーターサーバー業界やミネラルウォーター業界でもバナジウム含有のミネラルウォーターは人気です。

 

サプリメントでもバナジウムが目立つようになっていますが、どれも宣伝として血糖値サポートや血糖値が気になる方にとなっているので、バナジウムの効果が期待されているのはやはり血糖値に関する部分が大きいようです。

 

1リットル当たりの含有量

0.27mg(270μg)/Lです。

 

そのほかの成分

  • ナトリウム:80mg
  • カルシウム:25mg
  • マグネシウム:15mg
  • カリウム:4mg

 

赤ちゃんでも飲める?

このアクアクララのバナジウム水は、硬度が約124と高めです。その為、赤ちゃんの為にアクアクララを利用するのであれば通常のRO水を使ったほうがよさそうですね。ちなみに高度としては中硬水になるそうです。

 

バナジウム水の価格

容量は8Lボトルのみ。そして1ケース3本入りのケース単位での注文となります。価格は1600円(税別)/本で、1箱あたり4800円(税別)です。RO水に比べて価格はやや高めですが、他社のバナジウム水と比べてもアクアクララのバナジウム含有量の多さは魅力的ですね。

 

バナジウム水はどんな人が使うべき?

やはり血糖値が気になる方が飲むべきだと思います。特に何も期待せずにただ高級だからという理由で注文するのはもったいないですね。それだったらRO水で十分です。

 

アクアクララのバナジウム水は含有量が多い為、血糖値が気になる方には大変喜ばれています。その理由は、市販のサポート飲料などはバナジウムの含有量が少ない割りに値段が高いものが多いからなんですね。

含有量で見るとコスパもいい部類に入ってくるので、バナジウム水を探していた方には気軽に毎日バナジウムを摂取できるアクアクララはありがたい存在ですね。

 

※バナジウム水は専用の申し込みページがあります。通常の申し込みフォームと違います。WEB上で申し込みボタンを押した後、「無料お試し」「新規申し込み」の他に「バナジウム水」関連の項目があるので、そちらから進まないとたどり着けません。

 

アクアクララのお申し込みはこちらから

 

地域によっては注文できないようで、管理人の住んでいる地域では通常のアクアクララは注文できてもバナジウム水は注文できませんでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ