アクアクララのボトルラック(ボトル収納)の値段と種類

ラック利用イメージ1

アクアクララでは便利アイテムとしてオプションでボトルラック(ボトル収納)を用意しています。これらは大きなスペースを取ってしまう12Lのガロンボトルを縦積みにすることで省スペースでの収納を可能とします。

このボトルラック、いくつか種類があるのでそれぞれご紹介していきます。

 

アクアクララのボトルラック詳細

ラック利用イメージ2

これらの購入は基本的にアクアクララを現在利用している方への販売となります。レンタルではなく販売なので、もしアクアクララを解約した場合でも手元に残ります。

 

ボトルラック一覧

レギュラー(12L用)ボトルスタッカー

レギュラーボトルスタッカー

ボトルスタッカーはシンプルに積み重ねるタイプ。値段は680円(税別)

 

 

 

レギュラー(12L用)ボトルラック

レギュラーボトル3段ラック

3段つむことができるオシャレなボトルラック。値段は2400円(税別)

 

 

 

8Lボトル用のラックもある

8Lのボトルラックは4段積みとなっているようです。一応あることはあるようですが、ほとんどの利用者が12Lを使っているため、取り扱いの無い代理店も多いかもしれません。

管理人が調べた限りではほとんどの代理店は12L用のボトルラックしか販売していませんでした。

 

ボトルラック利用者の上手に使うコツ

ラック利用イメージ3

ボトルラックを実際に利用している方の口コミを調べてみると、水のストックは常にラックに収まる数+1本を維持している方が多く見られました。

これはどういうことかというと、ストッカーの場合2本積めるので1本サーバーに設置しておけば合計3本在庫があることに(ストッカー2本+利用中1本)。使ったボトルはストッカーに戻して新しいボトルをサーバーに設置すれば、スペースをとることなくオシャレにボトルを保管できます。

 

そして、3本中2本を使い切った時点で2本注文すれば、また同じような在庫を保つことができるので、いい感じにローテーションできます。この在庫管理方法で運用している方が多く見られました。

アクアクララはたくさん水を使うときでも使わないときでも自分のペースで注文できる為、ボトルがたまりすぎることが無いのがとてもいい点です。宅配ノルマが嫌でアクアクララに乗り換える家庭も少なくありません。

 

とことんデザインにこだわっている

いまやウォーターサーバーもデザインで選ぶ時代になってきていますが、その先駆者ともいえるのがアクアクララです。当時真っ白なウォーターサーバーしか無かった中、アクアアドバンスというカラフルでインテリア性のあるサーバーを世に出しました。

ただ単にボトルを置きっぱなしにするよりも、ラックに設置することによってより見栄えも良くなりむしろゴージャスな雰囲気をもたらしてくれますよね。

 

特に、アクアアドバンスとボトルラックの見た目の相性は抜群に見えます。

アクアクララの申し込みはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ