アクアクララのお水と塩素の関係

 

suiteki

アクアクララではRO水を提供している為、逆浸透膜(RO膜)によって塩素は取り除かれています。これは水の味などに関してはメリットがありますが、少し気をつけなければいけないこともあります。

このページでは、塩素についての解説とRO水を使用する際の注意点について書いています。

 

塩素の取り除かれたRO水

コップに入ったおいしそうな水

塩素は水道水に含まれており、地域によって水道水中に含まれる塩素の量は少なくなります。山梨県の水道水は、よくおいしいと言われています。これは塩素の量が少ないことと関係しているそうです。

アクアクララの水も逆浸透膜(RO膜)によってほとんどの成分(ミネラル含む)を除去しています。しかし実はこのまま飲むととても味気の無い水になってしまいます。

逆浸透膜(RO膜)はお水をおいしいと感じるミネラル分までごっそり取り除いてしまう為、そのまま飲むと水のおいしさが損なわれてしまいます。そこでアクアクララでは「デザインウォーター」として自社工場でミネラルを独自にブレンドしておいしい味をつくりだしています。

 

続いては、RO水を使う際の注意点を見てみましょう。

 

意外としらない?氷には向いていない

氷の入った水

アクアクララのおいしい水で氷をつくろう!なんて思っても、実はRO水で氷はつくるべきではないのです。その理由というのが、塩素を取り除いてしまっているということなんです。

もともと消毒などの為に塩素が含まれていましたが、RO水はそれを取り除いてしまっています。つまり、消毒作用を持たない純水に近い水のため、長時間保存に向いておらずカビや雑菌の繁殖の可能性が高まってしまうのです。

アクアクララのアドバンスやトラストにはUV除菌がついているのは、こういった品質維持の観点から見ても優れていますね。

 

ただし、除菌が優れていても外に出してしまえばその効果は長くもちません。なので、冷蔵庫の機能でそういった機能がある場合はRO水でも使えるでしょうし、特になければ水道水の方が安全ということになります。

 

そもそも塩素はどこで投入されている?

水道のイメージ画像

塩素は採水地の貯水槽・水の配水系で計2回投入されています。日本の基準で塩素の量は定められているので体に悪影響を及ぼさない程度に抑えられています。

実はこの塩素、地域によって投入量が異なります。このページの最初に書いた山梨などは少ないといわれています。この理由は、採水地にある水がその時点でどれだけ汚れているかと関係しているそうです。

 

水の供給の大元が汚ければ汚いほど塩素の量は多くなります。山梨は原水の時点でかなりきれいな水があるようですね。地形の効果もあり、水道代も安いと聞きます。

 

RO水は普通に飲む分にはまったく問題がない

水を口にする女性

ということで、氷にしたり長期保存する場合には注意が必要ですが、塩素は入っていないにこしたことはないのでアクアクララの水はそのまま飲むのがベストだといえますね。

また、独自のミネラルが配合されていることにより、ピュアウォーター(純水)のように味気ないものではなくしっかりとした口当たりが感じられるので、ただのRO水というよりも「安全でおいしい水」として楽しむことができます。

アクアクララの申し込みはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ