アクアクララの料金・費用は安い?高い?他メーカーと比較してみた

 

貯金箱にお金を入れている様子

多くのウォーターサーバーがサーバー料金無料な中、アクアクララはサーバーレンタル料金が発生します。一ヶ月あたりでみると高く感じてしまいますが、実際のところはどうなんでしょうか?

そこで今回この記事では、アクアクララの料金が他メーカーと比べて安いのか高いのかを見ていきましょう。価格は税別で書いています。

 

アクアクララの基本料金

計算機とメモ帳

アクアクララはサーバーレンタル料が1000円or1500円(税別)そして水ボトルが12Lで1200円(税別)となっています。毎月利用しているサーバーの料金は固定費として発生して、お水は使った本数だけ増えていくイメージです。

 

続いて、アクアクララとよく比較されるメーカーを見ていきましょう。

 

アクアクララとよく比較されているメーカー

kuesu

  • クリクラ
  • フレシャス
  • コスモウォーター

他にもあることはありますが、大手として知名度の高いこの3メーカーで比較されることが多いようです。これら3社で共通するのは、

  • 定期配送
  • サーバーレンタル料無料

ということです。

 

つまり、アクアクララとは違い「水ボトルの料金=毎月のコスト」ということになりますね。

 

各社の最低本数利用時の月額コスト

数字のクレイアート

フレシャスは1箱(7.2L×4パック)、他はそれぞれ2本(12L×2本)が最低注文本数です。

  • クリクラ⇒2500円
  • フレシャス⇒4200円
  • コスモ⇒3520円
  • アクア⇒3400円

各社の月額コストは上記のようになります。

※コスモウォーターは水の種類によっては3960円、アクアクララはサーバーの種類によっては3900円となります。

 

利用料が倍になった場合

家族4人で利用するなど、消費が上記の最低本数利用時の倍になったとき価格です。

  • クリクラ⇒5000円
  • フレシャス⇒8400円
  • コスモ⇒7040円
  • アクア⇒5800円

※コスモウォーターは水の種類によっては7920円、アクアクララはサーバーの種類によっては6300円となります。

 

クリクラはやはり値段を売りにしているだけあって低コストで運用できますね。アクアクララはサーバー料金こそかかりますが、水ボトルの値段は低価格な為利用すればするほどランニングコストも落ち着いてきます。

天然水は2本のときは他メーカーと比較しても価格にあまり差を感じませんが、4本消費となったときにはものすごい差が生まれます。

 

年間コストで比較してみましょう

karer

毎月最低本数消費
  • クリクラ⇒30000円
  • フレシャス⇒54000円
  • コスモ⇒42240円
  • アクア⇒40800円

※コスモウォーターは水の種類によっては47520円、アクアクララはサーバーの種類によっては46800円となります。

 

倍の量消費場合
  • クリクラ⇒60000円
  • フレシャス⇒100800円
  • コスモ⇒84480円
  • アクア⇒69600円

※コスモウォーターは水の種類によっては95040円、アクアクララはサーバーの種類によっては75600円となります。

 

年間で見ると実はそんなに高くない

ひらめき

RO水で比べた場合、クリクラの方が安くなっています。しかし1年間使うとクリクラは5000円の定期メンテナンスがある為5000円追加で発生します。アクアクララは定期メンテナンス料も含まれているため追加料金はかかりません。

コスモウォーターとフレシャスに関してはメンテナンスフリーで、基本的にメーカーによるメンテナンスは行っていません。あくまでセルフでクリーンにする必要があります。

 

計算はできませんが、もうひとつ大きなポイントが

虫眼鏡などのアイテム

使用する頻度によって変わってしまうので細かく計算できませんが、もうひとつ重要な要素があります。それは電気代です。

アクアクララのアドバンスサーバーにした場合、毎月の電気代は約350円~と抜群の省エネ性能があります。クリクラは約1000円~で、省エネサーバーにすると初回金5000円が発生します。

フレシャスも新しく省エネサーバーを導入しましたが、こちらはサーバー料金が毎月500円発生するため、電気代で浮いた分がサーバー代にあたってしまいます。

省エネ性能が高いということは、使えば使うほど電気代に差がでてきます。電気代に関してはアクアクララのサーバーはまだまだ業界をリードしていますね。

 

アクアクララの料金・費用まとめ

カラフルなチョーク

少数・月単位で見ると高くみえますが、年間を通してみるとメンテナンスだったりその他追加費用がほとんど無い為、実はコスパがいいのがわかります。

RO水で見たときには少ない本数であればクリクラですが、電気代やメンテナンスの費用を考えると年間の差は大分縮まります。天然水とは1ヶ月あたりでよく比較されていますが、2ヶ月になったとたん天然水のコストの大きさが実感できるようになります。

天然水の場合は別の記事でも書いているように、「サーバーという機能」を使いたいという理由でなければ、市販の天然水を買っているほうが断然コスパがいいです。(本当にいいとされる天然水は500mlで数百円します・・・。)

ラック利用イメージ1

UV除菌ランプが搭載されたサーバーや抗菌素材のパネル・再加熱機能など、サーバー本体に機能を持たせているため「RO水の中」という括りだと高い部類に入ります。なので、そういった安全・安心の機能を特に求めていないのならばコストで選びましょう。これらの機能を重視するのであればアクアクララはとても使いやすいはずです。

アクアクララの申し込みはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ