アクアクララの月額料金|値段・価格・維持費の詳細

計算機とノート

この記事では、アクアクララの料金をわかりやすくご紹介しています。

 

アクアクララの料金は「サーバーレンタル料金+水ボトルの消費量」となっています。他の多くのウォーターサーバーメーカーはレンタル料金無料が多いので、それと比べるとアクアクララは計算するにも若干ややこしくなります。

 

それでは早速、アクアクララの料金プランについて詳しく見ていきましょう。

 

 

アクアクララの料金計算をしよう

最初にお伝えしたように、アクアクララは「サーバーレンタル料金+水ボトルの消費量」ということで、この二つを足した金額が毎月の料金です。

 

ここで忘れてはいけないのは、

  • サーバーごとにレンタル料金が違う
  • 水ボトルは2種類ある

ということです。

 

 

サーバーが複数ある

アクアクララのウォーターサーバーは複数あり、さらにそれぞれレンタル料金が異なります。

  • アクアクレール S
  • アクアスリム
  • アクアアドバンス
  • アクアトラスト

この4つがアクアクララのベースとなるサーバーです。

 

 

アクアクレール・アクアスリムはそれぞれレンタル料金が毎月1000円(税別)、そしてアクアアドバンス・アクアトラストは毎月1500円(税別)となっています。この値段の差は、サーバー本体の性能・機能によるものです。詳しいサーバーの性能については公式サイトで確認できるので、ここでは料金についてだけ触れていきましょう。

 

 

ボトルの種類も2種類

アクアクララでは、通常の12Lボトル1200円(税別)と交換のしやすい軽量の8Lボトル1000円(税別)のボトルの2タイプがあるため、どちらを選ぶかによっても料金が変わります。

 

配送料金・メンテナンス費用も込みとなっているため、これら「サーバー+水代」を計算すれば一ヶ月あたりの料金目安の完成です。

 

 

もっと具体的に見ていきましょう。

8Lボトルはそれほど需要がないので(コストが高くなる)、ここでは一般的な12Lボトルで計算していきたいと思います。

 

サーバーレンタル料金1000円(税別)のアクアクレール S・アクアスリムを使用した場合

  • 水1本:2200円
  • 水2本:3400円
  • 水3本:4600円
  • 水4本:5800円

と、1000円のサーバー料金に水ボトル代金が+1200円ずつ増えていきます。

 

サーバーレンタル料金1500円(税別)のアクアアドバンス・アクアトラストを利用した場合

  • 水1本:2700円
  • 水2本:3900円
  • 水3本:5100円
  • 水4本:6300円

こちらも同じように、レンタル料金の1500円に水代金の1200円を増やしていけばいいだけです。

 

 

定期メンテナンス有りで余計なコストがかからない分わかりやすい

アクアクララは定期メンテナンスも有り、さらにはお水の配送料金も無料ですが、普通に利用していくにあたって上記(レンタル料金+水代金)以外の料金は基本的にかかりません。

 

お水の注文も定期ではなく自分のペースで注文できるので、ノルマ方式の定期配送と違い「消費しきれない水」に悩むこともありません。

 

定期配送メーカーの場合、飲めなくて定期をストップすると停止手数料が発生したり、メンテナンスがあるメーカーでも5000円以上メンテナンス費用が発生することもあります。つまりどのメーカーも水の値段・レンタル料金が安いといっても、どこか別の手数料やノルマなどでその分を回収しています。

 

アクアクララはサーバー料金として他社よりやや高めの値段設定になっていますが、結局レンタル無料のメーカーでも手数料やメンテナンス料金など、契約時には詳しく調べないとわからないような「追加コスト」が発生するよりもシンプルな料金プランだと言えます。

アクアクララの申し込みはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ