アクアクララ 一ヶ月の電気代をサーバーごとに比較

電球

このページではアクアクララで利用できるサーバーの電気代を比較しています。

常時つけっぱなしにしなければいけないウォーターサーバー。電気ケトルやガスでお湯を沸かすのとコストはどれくらい違うのでしょうか?

 

アクアクララの電気代

nenane

アクアクレール S

アクアクレール Sはシンプルな卓上サーバーです。一ヶ月あたりの電気代は約1000円~

アクアスリム

アクアクララの通常サーバーのアクアスリム。一ヶ月あたりの電気代は約1000円~

アクアアドバンス

アクアアドバンスはアクアクララのサーバーの中で一番の省エネ性能を持っています。電気代が従来のアクアクララサーバーから約65%カットされています。これは、特殊な電子制御によって上手に電気の消費を抑えているためです。一ヶ月あたりの電気代は約350円~

アクアトラスト

アクアトラストはアクアクララの最新型の卓上サーバーです。電気代は従来のサーバーから約45%カット。アクアアドバンスと同じようにUV除菌機能も搭載されています。一ヶ月あたりの電気代は約550円~

 

電気代はどんなときに多くかかる?

クエスチョンマークと女性

電気代はあくまで目安なので、消費量によってはもちろん上下します。特にお湯を使用する頻度が多ければ多いほど、上のボトルから入ってきた冷たい水を温めるための電気代は増えます。寒い時期なども外気との関係で温める力が強くなるために冬は電気代が多くかかる傾向がありますね。

 

使えば使うほど省エネサーバーがお得に

電源プラグ

アクアクララはアクアトラストとアクアアドバンスが1500円と従来サーバーよりも500円ほどレンタル料金が高くなっていますが、水の消費量が多ければ多いほど電気代の部分で差ができ、レンタル料金が高いほうのサーバーがトータルコストでは安く済むことも。

ウォーターサーバーの電気代は意外と気にする人が少なく、メインは安全な水を飲むという部分な為、レンタル料金が高くてもトラストやアドバンスを使っている方が多いですね。

冷蔵庫の開け閉めレベルで電気代を気にする家庭なら気にしたほうがいいですが、そこまでのレベルで電気代を節約しようとしていないのであれば、普通に欲しい機能やデザインで選ぶのがおすすめです。

 

ガス代や湯沸しでの電気代と比べてどう?

お湯を沸かしているイメージ

電気代に関してはケトルとほぼ同じくらいと言われています。もちろん、省エネサーバーの場合はそれ以下での運用も可能ですね。ガス代に関しては、ガスの節約にはなりますが料金的な部分でみるとガス代のほうが安いのではないかと思われます。ただ、その分時間がかかりますね。

ガスでお湯を沸かす時間があればウォーターサーバーはコーヒーを入れて飲みきってしまうくらいの時間短縮ができてしまうので、ここも個人での感じ方によって変わるのではないかと思います。

それと、朝早い方の場合は朝の5分はものすごく大きいですから、その5分の為だけにもウォーターサーバーを使ってゆっくりしたい・・・ということから使う方が多いように感じます。

家族が朝食をとっている画像

まとめると、ケトルを使っているのであればウォータサーバーで電気代は大してかわりませんし、ガスでお湯を沸かしているのであれば、お湯が沸くまでの待ち時間と便利さの部分を考えて必要であれば使ってみる・・・というのがいいですね。

便利なのは間違いないので、あなたの生活のなかでこんなシーンでウォーターサーバーがあればどうかな?と考えてみて、使うか使わないかを判断しましょう。特に朝をイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

アクアクララの申し込みはこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ